ライナフ 内閣府設立「スーパーシティ・オープンラボ」に参画

 


画像=ライナフロゴ(左) オープンシティラボのロゴ(右)プレスリリースより

スマートロックのライナフ(東京・千代田)は、内閣府が設立した「スーパーシティ・オープンラボ」に参画すると発表した。全国の自治体の取り組みを支援していく。

「スーパーシティ・オープンラボ」とは政府の「スーパーシティ」構想実現のために設立された組織。民間企業や各種団体が有する知見や先端技術を積極的に発信し、「スーパーシティ」構想の実現に取り組む全国の自治体を、技術的な側面でサポートすることを目指している。

ライナフはこれまでにも再配達問題の解消につながるスマートロック活用の実証実験や、建物の無人管理のためのソリューションなど、社会課題を解決するサービスの開発をしてきた。不動産の専門知識とテクノロジーを活用し、全国の自治体の取り組みの支援を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ