画像=プレスリリースより

 

オープンハウスグループ(東京・千代⽥)は、かねてより取り組んでいた「⽔上温泉街再⽣プロジェクト」の⼀環として、旧ひがき寮にて2022年10⽉29⽇(⼟)・30⽇(⽇)に、『ミニ廃墟再⽣マルシェ』を開催すると発表した。旧ひがき寮は現在は廃業となっている温泉旅館「ひがきホテル」の従業員寮として利⽤されていた建物で、⽔上温泉街の路地裏に位置し、敷地の奥に向かい狭まっていく中庭の景観が特徴という。

今年9月には「温泉街の暮らしを考える実験室」「新たなチャレンジを応援する場」として旧ひがき寮の再⽣をはじめ、「うらろじ納涼ガーデン」と題したイベントを開催していた。

『ミニ廃墟再⽣マルシェ』は、ほりだしもの市をテーマに、みなかみ町内の個⼈・商店・飲⾷店を中⼼に出店してもらい、みなかみ町の新たな魅⼒を町内外に発信ことを⽬的としている。

オープンハウスは、みなかみ町、群⾺銀⾏、東京⼤学と2021年9⽉に締結した産官学⾦包括連携協定に基づき進めている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ