三井住友建設は25日、防火地域における法的要件の耐火性能を満たした木造の商業店舗「ローソン ビナガーデンズ店」を設計施工し、
このたび竣工したと発表した。

現在、小田急電鉄が神奈川県の海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がるエリア
「ViNa GARDENS(ビナ ガーデンズ)」を開発中だが、そのエリア内で最初に開業する店舗となる。

同社は、環境保護や社会的なニーズを考慮し、材料、工法、構法などを適材適所に選択、
提案する新たな試み「TEKIZAI」に取り組んでいるが、本物件はその試みの適用第1号プロジェクト。

設計施工は、同社と業務提携を行う住友林業がデザイン監修を担当した。

今回、純木質耐火集成材「木ぐるみFR」を使用しているが、
これは国土交通大臣認定の「1時間耐火構造」を取得した住友林業の商品だ。

工事実施に際し、同社はエリアの開発コンセプト「憩う・くらす・育む」に相応しい商業店舗として、
機能的であることに加えて憩える空間としても利用でき、「木を魅せる、見た目も憩える、毎日行きたくなる」
木造建築物の提案を行い、採用されたという。

工事の概要は、木造(耐火建築物)平屋建て、敷地面積1002.82㎡、建築面積219.50㎡、延床面積199.19㎡。

建物外観  ※プレスリリースより

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。たくさんの方にスマイスターMagaZineを知ってもらうために、知識になる記事、面白い記事をたくさん書いております。

また、住宅の査定を行うシステムも御座いますので、記事を読んだついでに不動産査定を行っていただければ幸いでございます。宜しくお願い致します。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ