南側外観完成予想図 ※プレスリリースより

野村不動産は「東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業」に参加組合員として参画する。

その新築工事が17日に着工したと発表した。

同社は2011年1月に事業協力者として選定された。竣工は2019年3月を予定している。

同事業は、2013年4月に東京都の「木密地域不燃化10年プロジェクト」における
不燃化特区制度先行実施地区のコア事業と位置付けられ、実施方針策定後、初めて組合設立が認可された事業だ。

開発の経緯は(豊島区)東池袋四丁目、五丁目一帯は昭和初期に街並みが形成され、
老朽化した木造住宅が密集する地域で、災害時の危険性が高く、防災上の課題があった。

そうした課題から豊島区では1983年より居住環境総合整備事業の推進に取り組んできた。

東池袋五丁目地区では、都市計画道路補助第81号線の整備に合わせ老朽化建築物の建替えや、
防災機能を備えたまちづくりの気運が高まったことを受け、2010年9月に準備組合の設立、
2014年8月の都市計画決定、2015年6月、再開発組合の設立認可を受けた。

その後、2016年6月に権利変換計画認可を経て、今月17日の新築工事の着工となった。 

主な施設概要は、建築敷地面積が約1580㎡、建築面積約870㎡、延床面積約1万4700㎡、
構造・規模は鉄筋コンクリート造、地下1階、地上21階建て、住宅132戸(地下1階~20階)。

案内図 ※プレスリリースより

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。

日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。

質の高い記事をどんどんと更新していきますので、たくさんの方に見ていただければと思います。

編集部一同頑張っていきます。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ