ホームセンター最大手のDCMホールディングスは、室内の明るさを保ちながら直射日光を防ぎ、

プライバシー保護にも役立つ機能的なすだれ「DCMブランド 光が入る日除けすだれ」を24日から

全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワの各店舗で販売すると発表した。

 

ホームセンターでは、春先から日差しが強くなる夏に向けて、日除け効果のあるすだれなどの需要が高まる。

最近では直射日光・UVカット以外に、プライバシー保護や家具の日焼け防止目的などのニーズも増えているという。

 

 

そうしたニーズに応えるべく、同社は「これまでのすだれでは難しかった機能性の追加」を商品コンセプトとして、開発に取り組んだ。

 

新商品は、直射日光を遮りつつ、その他の光を取り込むため、室内の明るさを保ちながら強い日差しと紫外線のみをカットできる機能的な商品。

 

外面の生地は光を反射する仕様になっており、外部から室内を見えにくくしているので、プライバシーを保護することが可能となっている。

 

さらに、生地に光が当たることにより、リーフ柄が浮かび上がるおしゃれなデザインを採用した。

そのほか、はさみ・カッターで生地をカットすることで長さ調整もできるつくりになっているのが特徴だ。

 

日差し対策としてだけでなく、明るさを保ちたい人、プライバシー保護・デザイン性を求める人にも提案できる商品として今後展開していく。

 

※プレスリリースより

【スマイスターMagaZine】

不動産に関連した専門家による不動産情報メディア

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。

日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。

不動産に関連した専門家による不動産情報メディア

株式会社シースタイル

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ