シューズメーカーのアキレスは硬質ウレタンフォーム断熱材「ジーワンボード」(Z1ボード)を開発、10月から発売すると発表した。

一般用断熱材としては業界最高水準の断熱性能となる熱伝導率0.018W/(m・K)を実現した。

地球温暖化により、「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などの高断熱性能住宅が注目されている。
住宅用断熱材にも一層の高性能が求められており、硬質ウレタンフォームなどの発泡プラスチック系断熱材についても、
メーカー間の技術競争が進み、高性能化が図られている。

同社では2006年に熱伝導率0.021W/(m・K)の高性能硬質ウレタンフォーム断熱材「キューワンボード」を発売後、
面材の遮熱性能強化などの製品改良を加え高性能断熱材市場をけん引してきた。

「ジーワンボード」(Z1ボード)の性能を生かした高断熱住宅や建築物への応用方法、
あるいはその施工方法などについて、今後市場に提案していくという。

【スマイスターMagaZine】

不動産に関連した専門家による不動産情報メディア

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。

日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。【スマイスターMagaZine】

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ