ショウタイム24(東京・港)は、IoTを活用した不動産案内システム「無人内見システム MUJIN24」が、トータテ都市開発(広島)の新築戸建に20221014日より、導入されることを発表した。

 

画像=プレスリリースより

 

新築戸建への「無人内見システム MUJIN24」は、広島県内では初となるという。

トータテ都市開発は広島県を中心に新築住宅の建築販売を行うトータテグループ。

導入物件は、トータテ都市開発が開発を手掛ける戸建分譲住宅のヴェルコートシリーズ「ヴェルコート宮島口上1丁目」(広島・廿日市)、「ヴェルコート平原町」(広島・呉)ほか計4棟。

アドヴァンスト・インフォーメイション・デザイン中国支社(広島)がシステム導入をサポートした。

物件が売約となれば、順次システムを移行して、他の物件へと導入する。

今後トータテグループとは、「無人内見システム MUJIN24」を活用して、非対面・非接触の物件内見需要を掘り起こすと同時に遠方物件への案内効率化を図ることで、開発・販売の事業エリアを拡張していきたいとしている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ