三井不動産(東京・中央)は、AI等のデジタル技術を用いて、環境工場に向けた実証を2022年10月15日より開始すると発表した。実証はNTTデータとTSIホールディングスの協力のもと、三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY(千葉・船橋)に出店中の、nano・universeららぽーとTOKYO-BAY店(TSIホールディングス)において行われる。

 

画像=プレスリリースより


AIカメラの設置等のデジタル技術を活用、データを解析することで、来店客に興味を持ってもらい店舗への入店率を高めるVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)を検証するもの。

商業施設内の各店舗では、来店客に興味を持っていただくためには、入口や通路に面した部分の外観およびレイアウトは重要な要素の一つという。

本実証では、AIカメラや赤外線センサーを設置し、店頭に設置したディスプレイ/マネキン/デジタルサイネージといったVMDの要素やその組み合わせに対する来店客の実際の反応を計測する。どのパターンが最も反応が良いかを検証します。

店舗の魅力がより伝わりやすく、新しい出会いが生まれやすくなる店舗設計に生かすという。商業施設を開発・運営するデベロッパーが出店中の店舗と協力し、AI等のデジタル技術を活用して店舗のVMDの最適化を図る取り組みは、同社によると国内初だという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ