誰もが知っている大きな公園から、子供の頃遊んでいた小さな公園まで、都内には膨大な数の公園があります。その公園の歴史や背景を調べてみると、ひとつひとつに興味深いエピソードや逸話があるようです。この企画では、公園に実際に赴き調査を行います。

 

JR総武線「新小岩」駅から徒歩6分ほどのところにある「新小岩公園」です。(リビンMagaZine編集部)

(撮影=リビンMagaZine編集部)

葛飾きっての憩いの場を散策


新小岩駅は葛飾区にあります。葛飾区といえば、秋本治さんの漫画「こち亀」でお馴染みですよね。公園を散策するとなれば、漫画の主人公、両さんのような人に出会えるかもしれません。それでは、公園内を歩いてみましょう。公園内のマップを見てみると…

(撮影=リビンMagaZine編集部)

和楽亭」という建物があるようですね。どうやら、園内のおすすめ施設のようですね。また、スポーツをするための広場があります。訪れた時間は水曜日の午後15時です。わんぱくな小学生たちに会えるかも!!

(撮影=リビンMagaZine編集部)

(撮影=リビンMagaZine編集部)

噴水は、残念ながら訪れたときには稼働していませんでした。しかし、なにやら良さそうな場所です。だいぶ涼しくなってきたので、ここで休憩も良いかもしれません。

歩いてみて、気づいたことがあります。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

新小岩公園は、近所の人たちの集会場所になっていました。年配の方が世間話をしたり、将棋をしたりして遊んでいます。夕方前の憩いのひとときなのでしょう。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

和楽亭に到着しました。おや?ひっそりとしています。そうなんです。実はこの施設


水曜日定休なのです。


和楽亭は食事処です。午前中にはモーニングメニューがあり、軽食や甘味などを提供しているそうです。宴会などでも利用できるようです。

普段は様々な人たちが、ご飯を食べながら寄り合いの場所にしているそうです。定休日とは、これは残念。みなさんも、水曜日が定休日ということを覚えておいてくださいね。気を取り直して、公園内の散策を続けていきましょう。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

公園といえば、芝生です。あー綺麗なグリーンのカーペット!思いっきり寝転びたいです。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

もちろん、定番の遊具もあります。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

大人向けの健康遊具もあります。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

これは、残念ながら遊具ではありません(笑)オブジェのようですね。

新小岩公園は、スポーツをしやすいように作られています。公園の外周をウォーキング・ランニングすることもできます。ちなみに、1周600mあります。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

野球教室でしょうか。ストレッチをする少年たちがいました。

(撮影=リビンMagaZine編集部)

ちなみに、グラウンドが広いので、サッカー教室も開かれていました。

新小岩公園は、昭和60年に作られました。近隣には団地があり、多くの人が住んでいるため、区の指定の避難場所にもなっています。

残念ながら両さんのような人に出会うことはできませんでしたが、スポーツ好きや散歩好きにおすすめしたい公園でした。

【新小岩公園】

住所:
東京都葛飾区西小岩1-1-3

開演時間:
常時開園

駐車台数:
11台(うち車いす用1台)

アクセス:
JR総武線「新小岩」駅北口徒歩約6分

問い合わせ:
葛飾区公園課 03-3693-1777

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ