誰もが知っている大きな公園から、子供の頃遊んでいた小さな公園まで、都内には膨大な数の公園があります。その公園の歴史や背景を調べてみると、ひとつひとつに興味深いエピソードや逸話があるようです。

「原宿駅」「明治神宮前駅」から徒歩3分、「渋谷駅」から徒歩10分程度の都内の公園といえば、そうです今回は「都立 代々木公園」を現地調査しました。(リビンMagaZine編集部)

都内で一番空が見える公園、「代々木公園」


(撮影=リビンMagaZine編集部)


代々木公園は、23区内の都立公園の中で五番目の広大な面積を擁しています。その広さは540,529㎡、定番の東京ドームで換算すると約11.6個分の面積です。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

道路を挟んで森林公園としてのA地区(写真左)と伝統的な陸上競技場、野外ステージなどを備えたB地区(写真右)とに分かれています。A地区には明治神宮が隣接しています。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

そんな代々木公園は、かつて陸軍代々木練兵場として使われていました。戦後は米軍の宿舎敷地・ワシントンハイツとして使われ、東京オリンピックの選手村を経て現在の公園となりました。昭和42年に、森林公園として誕生し、今年で50周年を迎えます。50周年記念イベントも開催されるようですよ。

A地区 森林公園


(撮影=リビンMagaZine編集部)


A地区となる森林公園は原宿門から入ります。


(撮影=リビンMagaZine編集部)


この日は土曜日、家族連れやカップル、外国人観光客など、多くの人で賑わっていました。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

「原宿門」横には売店がありました。フリスビーやバトミントン、お菓子に軽食やビール、公園の定番メニューが並びます。テラス席でビールを飲む外国人の方が印象的でした。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

ケバブを販売するキッチンカーもありました。昼時でしたので早速食べてみることに。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

辛味がちょうどよく非常にとても美味しかったです。
公園内を進むとガーデンが広がります。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ