普段何気なく足を運んでいる公園、そこには調べていくと様々なエピソードがあります。その公園でしか楽しむことが出来ない特徴もあります。その公園の数だけ、エピソードがあります。この公園アルバムでは、実際に公園に訪れて魅力を再発見する企画です。

 

今回は、東京メトロ丸の内線・千代田線「霞が関」、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」下車すぐのところにある日比谷公園にやってきました。日比谷公園は、テレビドラマの撮影などにも使われる公園です。一体どんなところなのでしょうか。早速歩いてみましょう。(リビンMagaZine編集部)

日比谷公園を歩こう


日比谷公園に到着しました。今回は、霞が関駅からやってきました。


(撮影=リビンMagaZine編集部)


入口正面に、噴水があります。この季節、噴水を見るだけで涼しくなりますね。この日の気温は36度。公園内を散策する前に、マップを見て見ましょう。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

広いですね。それもそのはず、日比谷公園内には、公園に関する遊具だけでなく、図書館や、公会堂、大音楽堂など様々な施設があります。とにかく広いんです。


(撮影=リビンMagaZine編集部)


(撮影=リビンMagaZine編集部)

なにやら変わった噴水を発見しました。鶴のオブジェの噴水です。この噴水のあるエリアは、雲形池と呼ばれています。そしてこの鶴の噴水は、日本で3番目に古いものと言われています。春、秋には絶景スポットになるので是非訪れてみてください。

おや、何やらレトロなオブジェが。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

これは、一体なんのオブジェなんでしょうか。説明がありません。が、何か気になります。

ということで、調べてみました。このオブジェは、日比谷公園開設当時(明治35年)の水飲みだそうです。私たちが知っているお馴染みのものとは違いますね。

この水飲みは、人間だけでなく、馬も飲めるような作りになっています。明治の初めの頃は、まだ馬も街中を歩いていました。その当時を思い出させる作りになっています。日比谷公園も歴史が深そうですね。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

公園内には売店もあります。昭和レトロな雰囲気の売店です。この日は、気さくなおじさんがお店の切り盛りをしていました。近くにはコンビニなどもありますが、せっかくなので売店を利用してみてはいかがでしょうか。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

日比谷公園で外せないスポットにやってきました。明治36年開園当時のデザインの幾何学文様を見ることができる、第一花壇です。素敵ですね〜。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

また、第一花壇からほど近いところには、こんなスポットもあります。これは、江戸時代の遺構である日比谷見附跡です。当時、この辺りは、大名の屋敷地でした。

日比谷公園ではイベントも定期的に開催されており、様々なビールが飲めるオクトーバフェストも開催されています。そんなイベントですが、皆さん1枚目の写真を覚えていますか。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

大盆踊り大会という文字が。そうです、この日は、なんと盆踊り大会が開催されるそうです。しかも、取材に足を運んだ日が開催日ではありませんか。こんな条件が揃っていてスルーするわけにはいきません。これは、参加するしかない!ということで、盆踊り大会に参加することにしました。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

開催場所は、第二花壇と言われるエリアです。毎回様々な野外イベントが開催されるのは、たいていがこの辺りです。覚えておきましょう。さぁ、日が暮れるのを待ちましょう。

やってきました。盆踊り大会。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

向こうの方で盆踊りが行われている模様です。行ってみましょう。


(撮影=リビンMagaZine編集部)

とても楽しそうですね。賑やかです。東京音頭、丸の内音頭、炭坑節など盆踊りの有名な曲で盛り上がっていました。こうなってくると、参加するしかありません。初の盆踊り参戦です。おそらく下手ではありますが、前の人の振付をみて踊れば良いので、盆踊りってとても楽しいものだと感じました。

このように、日比谷公園は、憩いの場所になることももちろんですが、定期的に様々なイベントが開催されています。どんなイベントがあるかは、ネットや東京メトロの案内板に記載されているので、定期的にチェックしてみましょう。。

【東京都立 日比谷図書館】

・所在地

千代田区日比谷公園1

・交通

東京丸の内線・千代田線「霞が関」

東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」都営地下鉄「日比谷」下車

(A10・A14)出口すぐ

・問い合わせ

日比谷公園サービスセンター

03-3501-6428

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ