不動産の可能性を感じた20年前のとある物件

 

画像=写真AC

 

この数年でスタンダードになったもの。それは、物件のリノベーションやコンバージョンである。10数年前までは、そこまでこうしたものに対して、世の中には周知されていなかった。寧ろ、かなりこういったサービスは、「最新」のサービスだった印象がある。これは、やはり日本の時代背景や建築事情があるかもしれない。ほんの10数年前までは、「建物は老朽化したらさっさと取り壊し」というのが、常識だったのだ。

しかし今や、リノベーションは不動産業界ではスタンダードになっている。一棟の物件であれ、1室の物件であれ、その物件の価値を再定義することで、新たな資産価値を生み出す。そうした取り組みが、物件対策の選択肢のひとつになっていることは、不動産業界の大きな変化のひとつだろう。

20数年前の話である。私は当時、京都の不動産会社で働いていた。京都といっても、京都市内の繁華街が職場ではない。私の職場は、京都中心地から少し離れた郊外だった。

当時、この郊外では、賃貸物件が凄まじいスピードで建設されていた。大きな理由は、大型の大学の校舎がその郊外にあり、物件の需要があったこと。そして土地の値段が安かったことが理由だった。(まだ街の開発が充分進んでおらず、田んぼだらけであった)

この郊外で、私はキャリアのスタートを切った。賃貸管理および仲介業の基礎を学び、自分なりに試行錯誤していた頃の話だ。

当時、このエリアでは、「新築は建てれば、スグ埋まる」という考えが主流であり、賃貸経営は鉄板だった。とにかく新築、築浅が圧倒的な人気だった。新築は、多少、賃料が高くても、募集開始すると同時に一気に申込みで満室になる。物件の完成前には、どんな新築でも確実に全部屋が埋まっていた。

またリーシングにおいても、大きな苦戦はなかった。繁忙期になると、店内はお客さんで埋め尽くされ、店の外まで並んでいるというような具合だった。まさに需要過多なエリアだったのだ。

繁忙期中、並んでいるお客さんを見て、「まるで福引所だな」と先輩社員が呟いたことが今でも忘れられない。
 

ちなみにその当時、このエリアでは、築年数が古い物件も埋まっていた。そもそも築年数が古い物件と言っても、せいぜい20年程度である。開発途上のエリアならではの話だ。

さて、この場所で仕事を始めて数年が経ち、業務にも慣れ始め、多少の成果が出るようになった時期に、とあるオーナーから相談を受けた。そのオーナーは、このエリアの地主で、オーナー自身で建築会社も経営していた。まだ40代中盤のまさに働きざかりのオーナーだ。このオーナーから当時、私が勤務していた会社では、2棟ほどの物件の管理を任されていた。

 私は、彼の立派な自宅に伺った。立派なリビングに通され、立派なコーヒーカップに注がれた、おそらく高級豆から挽かれた立派なコーヒーを頂いた。
 

向かい合わせに座ったオーナーはおもむろにこう言った。

「1件、物件買おうと思ってるんだよ」

「購入ですか。分譲マンションでも買われるのですか?」

 (当時の私は、一棟物件は建てるものという固定概念があった)

「違う、違う。全20室の一棟物件」とオーナーは言った。さらにこう続けた。

「とある社員寮がある。それを買い取って、綺麗にして普通に貸し出そうかと思って」

「築年数は何年ですか?」

「30年。住所は、・・・だよ」

その住所は、ごく普通の住宅街にある場所だ。周辺は田園地帯ではないが、少なくとも大学は近くにはない。私は頭が痛くなってきた。そんな私を意に介さずオーナーは続ける。

「一度さ、物件見てきてほしいんだよね。まぁやるかやらないかは、おたくの部長さんと相談するから」

当時の私は、この物件の良否の判断が当然つかないし、また決定権もない。とにかく言われるがまま、物件の現地調査に向かった。
 

その物件は、なんの変哲もないがらんどうの社員寮だった。部屋も狭く、建物も古い。周辺はごく普通の住宅街だ。私は、この全部屋空室の古い寮に人が住んでいるイメージがどうしても湧かなかった。調査後、部長に相談してみたが、彼は取り合わなかった。

「まぁ、とにかくオーナーさんの後押しをしよう」この一言で、我々は、この物件を引き受けることとなった。(実際、当時の部長にも厳しい物件獲得ノルマがあったので、断るに断れなかった)

私の不安をよそに、物件の計画は着々と進められた。オーナーは物件を取得し、そして自分の建築会社を使って改修工事が進められた。それと同時に、会社内では、賃料査定と募集戦略が立てられ、そして管理委託契約の商談に移行されていった。
 
(この物件が埋まるだろうか?おそらく全く埋まらないだろう。そもそも部屋が狭すぎる。それに賃料も相場より高いのではないか。ただ、愚痴ばかり言っても致し方ない。とにかくやれるだけのリーシング活動を行おう。すべての対策を打ってみて、結果がダメなら、しょうがない)
当時は、こうした心境だった。かなり悲壮感を持ちながら募集活動を開始したことを覚えている。

結果的にこの物件のリーシングは、どうだったのか?

おおかたの予想を反し、募集開始し、約2ヶ月で満室となった。理由は、このあたりに、私が把握していない賃貸ニーズが、まだまだあったにも関わらず、賃貸物件がなかったこと。また、室内はほぼ新築仕様となっており、住み心地に比べて手頃な賃料に感じたことが理由である。

繰り返すが、当時、リノベーションという言葉はなかった。しかし、まさに物件の再定義をして、満室にした最良のリノベーション事例だったかもしれない。しかしながら、私は市場調査の甘さや、賃料設定のいい加減さ、などは、反省すべき点ばかりが記憶に残っている。

今では、私はコンサルタントに立場を変えたが、不動産会社様の案件のお手伝いをしていると、なかなか頭の痛い案件が出てくる。はたしてこの物件を高稼働させることができるのか、という不安だ。

当時より有効にデータ活用ができ、マーケティングの技術も上がったのにも関わらず、不動産というものは、「蓋を開けてみないとわからない」という側面がある。これは、20年前のこの話に限らず、最近も多く見聞きしている。苦戦するだろうと思った物件が、あっという間に満室稼働になったり、逆にニーズの読み間違えをして、楽勝だと思った物件が苦戦したり、など。いずれにしても、これが不動産の面白さであり、怖さなのかもしれない。不動産会社ができることと言えば、とにかく勝率を上げることだ。市場調査、値段設定、リーシング戦略と活動、このあたりを怠ってはいけない。

不動産会社の仕事の醍醐味は、お客さんに「負けさせないこと」なのかもしれない。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ