不動産会社の問題解決を通じて不動産ビジネスに新しい価値を生み出す

急速に変化する現代の不動産ビジネスに鋭いメスを入れ、業務をDX化し、売り上げ増加に貢献してくれる頼れる様々な企業を徹底的に紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)

画像=スマサポ提供画像をもとにリビンマガジンBizで作成

 

不動産管理会社向けソリューション提供事業を展開しているスマサポ(東京・中央区)。

入居者アプリ「totono」、入居者満足度調査サービス「スマサポサンキューコール」、スマサポ内覧サービス「SKB」といった、不動産とIT技術を融合させた新たなサービス展開を続けていて、不動産ビジネスの今までにない新しい価値を提供することを目指している。

「不動産管理会社の日々の業務はクレーム対応に追われています。これらの対応は管理会社の大きな負担となっているにも関わらず、収益には直接つながりません。不動産オーナーの収益をアップさせるパートナーとしての活動に割く時間がなくなってしまいます。テクノロジーを活用して不動産管理会社の収益改善、業務改善を図ることはできないかと考え開発したのが入居者アプリ「totono」です(スマサポ担当者)

ITの力で不動産管理会社が抱える課題を解決していき、不動産管理会社と入居者双方のコミュニケーションを円滑にすることができる。「入居者へ電話が繋がらないため状況把握に何時間もかかる」、「入居者への対応が遅れため、オーナーと入居者双方からハードクレームが寄せられる」といった不動産管理会社にとってもストレスがたまる状況を未然に防ぐことができる。

現在、入居者アプリ「totono」の導入社数・ダウンロード件数増加を加速させており、将来的には、賃貸物件の入居者全員が当たり前に入居者アプリ「totono」を使用している世の中にすることを目指す。

「入居者からの問い合わせや申請書類の対応、マンション掲示板の提示など、入居者対応業務を効率化させていくことは、不動産管理会社で働く従業員の負担軽減だけではなく、収益を上げるための業務に注力するためにも不可欠です。また、入居者の負担やストレスも削減させることができるため、顧客満足度の向上にもつながります。
今後、入居者アプリ「totono」は入居に関するサービスだけにとどまらず、入居者の「くらし」をサポートする様々なサービスを新たに展開していく予定です。管理業務を効率化させたい、顧客満足度を向上させたい、そのような課題をお持ちの不動産管理会社様にぜひ入居者アプリ『totono』をご検討いただきたいです」(スマサポ担当者)

賃貸管理においては長らく入居者対応のやり方に大きな進歩がなく、膨大な無駄や行き違いも放置されてきた。長らく手がつけられていなかった課題の山に、テクノロジーとアイデアで鋭くメスを入れていく。

 

スマサポ社のサービスについてはこちらからも詳しい情報をご覧いただけます。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ