現場の声を反映した「自社ならではの」不動産WEB集客を支援


急速に変化する現代の不動産ビジネスに鋭いメスを入れ、業務をDX化し、売り上げ増加に貢献してくれる頼れる様々な企業を徹底的に紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)

 


左から島村賢治 チーフマーケター、高畑剛 Manager、森正剛 チームリーダー シニアマーケター(画像提供=CCG C.REP)

 

インターネットによる集客や販促が一般的になった現在、これまでになかった新たな問題が生じている。特定のポータルサイトやプラットフォームにビジネス資源の大半をコントロールされてしまう「依存」である。

ポータルサイトやプラットフォームのルール変更で膨大な手間が発生したり、利用料金の値上げで利益の大半が消し飛んだりするため、不動産ビジネスに限らず、さまざまなビジネスシーンで対策が必要になっている。

CCG C.REP(東京・千代田)では、不動産業界の販促・集客をポータルサイトだけに頼らない、「自社ならではのWEB集客」の必要性を訴え、不動産・住宅関連業界の企業に対し年間100件を超える支援を行っている。

「自社のWEBを活用した直接的な集客の必要性はわかっていても、人員不足や知識不足でデジタルマーケティングやWEB集客に取り組めていない企業は多くあります。そんな経営課題を持つ工務店・ハウスビルダー・不動産会社の方々に向けて、まずは最小限の内容のスモールスタートで無理なく、実感を掴みながら着実に自社に最適なWEB集客の仕組みを作り上げることを支援しております」(CCG C.REP担当者)

ポータルサイトやプラットフォームからの集客をゼロにするといった、大胆な提案をするのではなく、企業の個別の事情や地域における経営戦略、業種によるバランスを意識しながらプランを提案するという。

集客競争が激しい住宅・不動産領域で、優位に立つには徹底的にエンドユーザー目線に立つことが重要。そして、エンドユーザーのことを最もよく知るのは、現場である。

「クライアントの皆さんと一緒に、現場が抱えるさまざまな課題を解決します。住宅・不動産の業界に特化した提案をしてきましたので、多様な課題に対してマーケティング視点での解決策をご提案することができます。WEBを活用したデジタルソリューションを中心に、グラフィック表現や、時にはプリントメディアなどのリアルコミュニケーションまで、ベストな手段・手法をプランニングします」(CCG C.REP担当者)

5~10年後には同社の取り組みが地方や中・小工務店、不動産会社にとってのデジタル販促のスタンダードとなっていることを目指すという。

「C.REPのサービスはお客様と共に成長するビジネスモデルであり、お客様の事業を一つずつ成功させ取り組みを拡大させていくスタイルです。そのため、真摯にお客様の集客課題と向き合い、確実に売上アップを実現していくことこそが使命となります。 人材不足・低予算などの課題は気にせずご相談いただき『WEB集客がわからない』、『デジタルマーケティングの仕組みがわからない』『対応できるデジタル人材がいない』でも始められるパートナーとしてご検討いただけると幸いです」(CCG C.REP担当者)

デジタル集客の世界は変化が激しく、コロナ禍によってさらに激変しつつある。多くの実績があり、常に新しい提案をしてくれ、高い専門性を持つ集客のパートナー企業の重要性は高まっている。

CCG C.REP社のサービスについてはこちらからからもご覧いただけます。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ