急速に変化する現代の不動産ビジネスに鋭いメスを入れ、業務をDX化し、売り上げ増加に貢献してくれる頼れる様々な企業を徹底的に紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)

 

画像提供=マツリカ

 

マツリカ(東京・千代田)はクラウド営業支援ツール「Senses」を開発・提供している。

あらゆる産業で営業現場の効率化は急務の課題となっている。特に不動産ビジネスの現場では営業担当社員の入れ替わりが激しく、「担当者が不在で仕事がすすまない」という状況が頻繁に発生している。こうした仕事の属人化は、業務効率を下げる要因として、長年、認識されており、解消に取り組む企業は少なくない。

しかし、多くの企業がSFA(営業⽀援ツール)やCRM(顧客管理ツール)の導⼊を考えるだけで、効果を上げることなく「導入しただけ」の状態に陥っていることも少なくない。

「営業管理に関するツールは、過半数の企業が導入後に、失敗に終わっているという調査もあります。多くのSFAツールやCRMツールは複雑で管理に手間がかかりすぎていて、企業の営業現場では、入力されず、使いこなせないことが常態化しています。こうした現場のユーザーへ真摯に向き合い、ビジネスシーンの最前線で本当に活用できる営業支援ツールが必要で、マツリカでは解決すべき課題として、『Senses』の開発に取り組んでおります。」(マツリカ担当者)

マツリカのクラウド営業支援ツール「Senses」の特徴は「入力」、「活用」、「運用」がスムーズで手間を削減できることだ。

特別な知識を持たなくとも、誰もが使いやすい入力、閲覧画面を構築している。また、ツールの連携によりデータ入力を自動化して、現場の手間を削減する。

また、AIによるデータ分析では、営業案件に関する特徴的な傾向をサジェストしながら、営業課題に対して何をすればよいかをダイレクトに支援してくれる。

導入までのコストも最小限にし、最短2週間で利用でき、国内外の1000以上のアプリケーションと連携することが可能だ。

不動産会社での導入事例も多く、営業活動の見える化により、数値管理の精度とスピードが圧倒的にアップした、といった声が寄せられている。

「労働人口の低下が見込まれる昨今において、少ない営業人員でも売上を維持・向上するには営業効率化が不可欠です。『Senses』は、使えば使うほどにデータが集積され、課題と対策が明確になっていきます。ライバル企業に先んじて、不動産会社様の営業を一歩前に進めるお手伝いをさせてください。」(マツリカ担当者)

最小限の入力、管理コストで、最大限の営業力のアップ効果を追及する「Senses」は、いつでも無料でデモンストレーションが可能だ。

 

マツリカ社のサービス・製品はこちらからも詳しい情報がご覧いただけます。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ