地震の多い日本では、耐震性も不動産を決める大きな条件となります。

では不動産を購入する際に、チェックしておくべきポイントはどんなところなのでしょう?

地盤状態や建物の建設時期、管理体制について説明しました。

不動産を購入する際に、決め手となるポイントはどこでしょう?

多くの人は立地や間取りなど、いかに快適に過ごせるかを意識して選ぶと思います。

しかし日本で決して忘れてはいけないのが、不動産が地震に強いかどうかという点。

どれだけ理想的な不動産が見つかって、そこでの生活が実現したとしても、地震での影響が大きいとなると常に安心することはできないでしょう。

それでは快適な生活は不可能です。

では地震に対して、不動産購入前にチェックしておきたいポイントとはいったいどこなのでしょう?

○土地の地盤をチェック

不動産が地震に強いかどうかは、その土地の地盤の状態が非常に重要となります。

大きな地震が発生すると、建物には影響がなくとも振動によって地盤が液状化し地盤沈下を起こすケースが少なくありません。

地盤が軟弱な場合は、地震の被害を受ける可能性が高いということ。

そのため購入を検討している不動産の地盤は、事前にチェックしておきましょう。

国土交通省が運営する国土地盤情報検索サイトには、日本各地の地盤調査の結果を調べることができます。

1981年に耐震基準が大きく変わった

建物の建築が許可されるためには、大地震でも倒壊せずに建物内にいる人の安全性を確保する新耐震基準に適応している必要があります。

過去の旧耐震基準から新耐震基準へと改正されたのが1981年の6月。

そのため建てられた時期が19816月以前か以後かという点は、その建物が地震に強いかどうかの判断基準となります。

もちろんそれ以前でも耐震性がしっかりしている建物も少なくありませんが、19816月以降に建てられたものを選べば安心できるでしょう。

しかし難しいのは1981年あたりに建設された建物。

完成したのが19816月以降だとしても、建築確認申請が改正前だったという可能性もあります。

どちらかわからないという場合は、不動産業者の人に確認をとってみましょう。

○マンションならしっかり管理されているかのチェックも

不動産というものは、定期的な点検やメンテナンスが重要です。

地盤や建物自体には問題がなくても、管理の仕方が悪ければ耐震性も低くなってしまいます。

マンションの場合は、管理状態や修繕計画がしっかりとしているかどうかも購入する際に厳しくチェックするようにしましょう。

管理が行き届いていないマンションというのも、少なくはありません。

そういった場合は、資産価値にも大きな影響が出てきます。

このようなポイントを踏まえて不動産を選ぶことで、より安心感のある生活が送れるようになるでしょう。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ