リビンMagaZineでは、これまでLGBT(性的マイノリティ)と呼ばれる人たちの不動産事情について、様々な取材や調査を通じてその実態に迫ってきました。
今回は、その取材や調査の結果をまとめました。

【調査】LGBTカップルの26.4%が同棲!

今年5月、渋谷で行われたLGBTイベント会場近くにいた150人を対象に、「LGBTのパートナーとの住生活」についての街頭調査を行いました。

LGBTの方の居住環境に関するアンケートや、パートナーと同棲しているか、同性パートナーシップを認めている自治体に居住しているか、といった項目に回答いただきました。

「LGBTカップルは賃貸住宅が借りにくい」という回答が約3割あり、LGBTの方が住まいに関して悩みが多いこともわかりました。

住宅ローン、LGBTに降りかかる不都合

LGBTカップルは戸籍上の結婚を認められていません。LGBTカップルが住宅を購入する際、共有名義での住宅ローンが組めないという不平等があります。

N&Bファイナンシャル・コンサルティング 丸尾健代表にLGBTカップルが不動産を組む方法や、実際に手掛けた事例を紹介してもらいました。

ローン以外にも、所有者が亡くなった際に、残されたパートナーへ相続できるのか、といった問題があることが分かりました。

LGBT専門の不動産会社が語る!部屋探しでぶつかる法律と偏見

LGBTフレンドリーな不動産会社IRISの須藤啓光代表に、不動産会社の立場からLGBTと住まいに関する話を聞きました。

須藤代表自身もゲイで、パートナーと同居のために契約をしようとしたにも関わらず、入居審査で落ちてしまった経験があるそうです。

偏見や差別により、不動産のオーナーが入居を断るケースはまだまだ多い現状があります。

LGBT不平等の課題 衆議院議員・牧島かれん氏インタビュー

政治の角度からも、LGBTと不動産に関して取材をしています。
牧島かれん衆議院議員(自民党)に、LGBTが抱えている問題について聞きました。

牧島議員は「LGBTに関する課題を考える議員連盟」で活躍されており、現在の課題やこれからの法整備、同性婚などについて聞きました。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ