撮影=リビンマガジンBiz編集部 KAREN・武藤諒俊社長

―ユーザーから料金を取るウェブサービスというのは珍しいですね。

 

確かにウェブという文脈ではあまりないサービスかもしれません。

 

しかし、インテリアのコーディネートを専門の事務所に依頼すると10万円以上かかります。

10万円台で済めば良い方で、100万円単位でかかることも珍しくありません。しかも、納期まで1カ月程度はかかることが多いです。

 

「KAREN」は7,980円で、納期は最短5日です。

コスト面でも時間面でも、圧倒的に手軽です。これはネットの文脈に合っている部分だと思います。

 

 

―これまで、インテリアコーディネートを利用したことのないユーザーでも気軽に利用できると。

 

そうです。

 

 

―他社サービスとの差別化ポイントはどういった点でしょうか。

 

まず圧倒的に質が良い点です。

 

コーディネーターの採用率は5%です。

独自の採用基準なのですが、一番大切にしているのはスタイルの知識です。

「北欧」「ナチュラル」「モダン」「西海岸風」といった知識は、資格を取るための勉強には含まれていません。

 

しかし、ユーザーの満足度に一番、直結しているのがスタイルの知識です。たとえコーディネーターの資格を持っていても、ユーザーを満足させることができるかは全く別問題です。そういったユーザーが好むものをくみ取れるかが採用基準の1つです。

 

また、「KAREN」には、スタイル診断テストという機能があります。

これは「自分が好きなスタイルを言語化する」ものです。

 

ユーザーは、「モダンスタイルが好き」と思っていても、実は選んでいる柄は「エスニックスタイル」であったりします。自分の好みを正確に把握して、それを言語化するのは難しいのです。

 

スタイル診断テストは、様々なスタイルの部屋の画像から、自分がピンときたものを選択していきます。これを数回行うことで、ユーザーが好きなスタイルを診断し、スタイルの説明が入ります。

スタイル診断テストの結果画面 画像提供=KAREN

 

 

このスタイルの診断結果が30種類あります。

他社でもスタイルを選ぶ機能はあるのですが、5種類程度です。それでは実際のコーディネートと齟齬(そご)が生まれてしまいます。「KAREN」はより精緻に診断テストで汲み取ることができます。

 

そして、決まったスタイルが得意なコーディネーターに、提案してもらいます。

 

3D画像の質にもこだわっています。

3Dやポリゴンぽい要素をなくし、写真のようなクオリティで提供しています。

 

 

KARENの3D画像 画像提供=KAREN

 

 

―確かに、3D画像のクオリティが高いです。

 

当社は、コーディネートの提案画面を開いてもらった瞬間を「マジックモーメント」と呼んでいます。

 

ユーザーが「こんな部屋で暮らしたい!」と思ってもらう、魔法にかかる瞬間なんです。そのためには、3Dに感動してもらうことが何よりも大切です。

 

だから最高品質と言い切れるだけの3D画像を提供しています。

このクオリティを出すために、かなりこだわって、凄腕の3Dモデラーに協力いただいています。海外まで探しにいきました。

 

これは、こだわっています。

 

 

―「マジックモーメント」とは面白いこだわりです。

 

見た瞬間、その瞬間に感動がなければ、後でどんなに説明したところでユーザーは満足しません。

 

「KAREN」は暮らしを提案するサービスです。「提案した暮らしを実現したい」、「自身の暮らしに取り入れたい」と思ってもらうためには、マジックモーメントが非常に重要です。

 

 

▶次のページ:同棲解消が起業のきっかけ(3ページ目)

 

 ② 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ