前のページに戻る

 

人生の時間を考えれば、自分にぴったりな家に出会う方がもっと大事
Cocolive・山本考伸社長

撮影=リビンマガジンBiz

 

2018年4月20日公開ロングインタビューはこちら


集客反響やアポ獲得率をあげるためのサービス『KASHIKA』を開発、提供しているCocoliveを率いる山本考伸社長。不動産会社の自社ホームページに追加するだけで、既存客への追客が簡単にできるようになる。

このサービスの根幹には自身の家探しでの経験がある。探す家の条件は子どもの教育や、予算の見直しによって次々に変わる。それにも関わらず、不動産会社から紹介される物件は最初に言った条件のままだった。

「ミスマッチ」があった。

Cocoliveを立ち上げる前、山本は楽天トラベルの社長だった。その時、三木谷浩志会長に何度も言われた言葉がある。

「楽天トラベルをホテルが予約できるだけのプラットフォームとして特化していると、いつかはコモディティ(差別化が困難)になるぞ」

サービスはホテルの予約が簡単にできるだけではダメだ。「一番良い宿泊体験をレコメンド(紹介)できるようにならなければならない」

家探しでのミスマッチ経験から、この言葉を思い出した。

「人生の時間を考えれば、自分にぴったりな家に出会う方がもっと大事」だ。

山本は、テクノロジーの力で一番良い住宅をレコメンドすることの重要さを認識した。楽天トラベルを辞め、わずか数人でCocoliveを立ち上げた。

不動産営業や仲介の効率化のためにサービスの開発・改善を行っている。

 

(敬称略)

 

 

前のページに戻る

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ