不動産の正確な価格を把握するだけでも、不動産会社と対等に交渉できる1つの方法 ラビット・浅海剛代表

 

撮影=リビンマガジンBiz

 

2018年3月16日公開ロングインタビューはこちら


浅海は、急な転勤で、自宅を売ることになり驚いた。

複数の不動産会社に依頼した査定額がバラバラで、中には購入した時より高い価格を提示した会社もあった。

何かがおかしいと思った。

調べてみると、驚いた。

「専任媒介を結びたいがために、査定価格をつり上げている不動産会社」が横溢していたのだ。

「息をするように嘘をついている業界だと実感しました」怒りの気持ちがわいてきた。

自分の人生を振返ってみると、不動産に関する知識が全くないことに気がついた。

不動産の取引ではプロである不動産会社には勝てない。その不安が不動産市場を硬直化させていて、誰もが不便を感じているのではないか。

「自分の資産である自宅は、いくらで売れるのか」

誰もが、こんなことも知らずに、生きていることに疑問を持った。

その結果、エンジニアである浅海自身が開発にあたったAI(人工知能)による不動産査定サービス『HowMa』が生まれた。自宅を登録すれば、AIが売却査定価格や賃料査定を算出する。AIが査定するので、「専任媒介のための高値査定」などの不動産会社の思惑は関係ない。また、一度登録した物件は自動的に査定し続けられ、景気変動などによる物件価格の推移を知ることができる。

自身のサービスで、自宅を査定してみた。その金額で不動産会社に依頼すると、すぐに自宅が売れた。誤差は10万円だった。

サービスの利用者が増えれば、査定の精度はさらに高まる。

必要なサービスの追求や接客技術の向上で、消費者が不動産会社を選ぶ世の中を作っていきたい。

(敬称略)
>>次のページ:巨大ECグループの社長から不動産スタートアップに転身した男の熱い言葉
 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ