「公示地価」という言葉をご存知でしょうか?毎年発表され、土地の取引価格を算出するための指標となるものです。東京の地価はここ数年、高騰しています。では市区町村それぞれで、土地の価格が一番高い場所はどこなのでしょうか。実際に行って調査する企画です。


今回は、「足立区」で一番高い所に行ってきました。(リビンマガジンBiz編集部)

東京都足立区の地価公示価格の1位はどこでしょうか?

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

正解はJR、東京メトロ北千住西口駅前でした!

最も地価公示価格が高額な場所は、「千住2-57-3」でした。

北千住駅は上野駅からJR常磐線、東京メトロ日比谷線で10分という立地で、駅前は商業施設が集い、食品やファッションなどのショッピングが楽しめます。とても利便性が高い場所です。そんな、北千住駅西口から広がる商店街をほんの少し歩きます。

このビルが足立区で最も公示地価が高い場所です!お値段は1坪当たり、694.2万円!上野や西日暮里、日暮里駅からも好アクセスの北千住駅前ですから、納得の価格です。


 
(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

商店街にはきれいに整ったアーケードが設置され、雨の日でも安心です。駅前からまっすぐに続いています。北千住駅周辺は大小合わせて多くの商店街が軒を連ね、ふらりと横道に入ってみるのも楽しい街です。

さらに周辺を歩いてみます!

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

少し歩くと、他の商店街の入り口を見付けました。こちらは「サンロード宿場町通り商店街」です。なんとなく、昔懐かしいものに出会えそうな名前ですね!行ってみましょう。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

黄色くて可愛い車が目を引くこちらのお店。思わず店内を覗いてみると、とても良い雰囲気のお店です!一人でくつろぐ方や、コーヒーを飲みながら談笑する女性など、店内は満席でした。こちらは2017年の7月にオープンしたばかりですが、こだわりのコーヒーと、ホットドッグやワッフルが美味しいと、早くも人気なようです。かき氷も美味しそう。暑い日は、少し早い時間にビールを飲んでしまうのも良さそうですね。ドアが開いているので、ふらりと入りやすいです。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

「日光道中千住宿史跡・旧跡案内図」

この辺りは江戸時代、千住宿として賑わっていました。商店街が多いのも当時の名残りなのでしょう。それで、この商店街も「宿場町通り」という名前なのですね。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

おもむきがある場所を見付けました。こちらは「千住ほんちょう公園」といい、商店街の中にある、小さな公園なのですが緑豊かで、タコ型の滑り台をはじめ、遊具も充実。小さな子供たちの声が響いていました。

千住宿の面影を残すことを目的に作られた公園です。手前の高札場は、おふれや法令などを記した掲示板のようなものです。江戸時代の雰囲気を感じながら、じっくりと高札を読みました。良いものですね。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

変わった外観のお店が見えてきました!小さくて、レトロな雰囲気!とても素敵です。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

こちらは立ち飲みバー「八古屋」。間口は2.2m、奥行き11.1mという小さなお店です。隠れ家という感じですね!値段の安さと、美味しい魚などおつまみが人気のお店です。ランチも営業しています!こんなお店で一杯、なんて素敵ですね。

(撮影=リビンマガジンBiz編集部)

江戸時代から続く、千住絵馬屋「吉田屋」。これまた、趣がある建物ですね。江戸当時の絵馬も残されており、貴重な民俗資料になっています。

歴史を感じる建物が随所に残され、それが街の魅力として溶け込んでいます。少し歩いただけで、タイムスリップしたような、遠い街を旅をしたような気分を味わえました。

駅前の優れた利便性や整った「都会」の雰囲気と、宿場町「千住宿」の面影を残す商店街の雰囲気、この二つのバランスが絶妙です。

足立区北千住また訪れたいと思わせてくれる街でした。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ