みなさま、こんにちは。

夢相続、相続コーディネート実務士の曽根惠子です。

私は30年前に不動産コンサルティング会社にて創業し、相続の取り組みも始めました。

今までに1万3000人以上の方から相続相談を受けてアドバイスし、実務のサポートもしております。

相続のご相談はおひとりおひとり違いますので、本当にさまざまです。


そうしたご相談の一部をご紹介していきます。

「相続税は、専門家によって、違う?!」

Kさん(40代女性)は母親(70)の代わりに相談にこられました。

今月、独身の叔父(60)が亡くなったため、姉である母親が相続人となり、
相続税の申告手続きが必要になったということです。

母親の実家は、土地持ちの資産家の家系で、長男、次男が若いころに亡くなって
しまったため、三男の叔父が跡取りとなり、実家を相続しました。

祖父が15年前、祖母が10年前に亡くなりましたが、節税対策として土地活用を
していたため、祖父母の相続税はそれほどかからなかったといいます。

叔父が所有している土地は15か所、5000坪ほどあり、ほとんど賃貸マンションや
貸店舗として賃貸しています。そのため建築した建物については融資を受けており
現在でも6億円以上の借り入れが残っています。

融資元の銀行の担当者から、概算ではあるが土地評価は10億円という一覧表を
もらい、母親とKさんは驚いてしまい、どうしたらいいかと困ってしまいました。


相続税は1億7000万円となります。



相続税を払う現金はほとんど残されておらず、なおさら不安になりました。

ところが、持参された固定資産税の納付書をもとに確認しても、10億円には
なりません。



そこで土地の公図や登記簿謄本を取得することをお勧めして、もう少し
詳細な評価をしてみました。

結果、不動産は7億円となり、負債や基礎控除を差し引いて計算すると



相続税は800万円位になりました。




さらには、これから不動産の現地調査をすることにより、

減額の要素も見つかるはずですので、


相続税はさらに減らせるはずです。


これを聞いてKさんは、「相続税の申告はなんとかなりそうだと安心した」と。
銀行とは言え、不慣れなところが相続財産の評価をするとこれだけ違うのかと
驚くばかりです。



Kさんや母親はそのまま受け止められて、とても不安に感じていたという
ことでしょう。

最初にKさんにお話ししていたのですが、課題は相続税よりも、

資産の収支バランスだと言えます。

財産も収入も多いのですが、返済も多く、

ほとんど手元に残らない現状です。



今回、収支バランスを見直すことが必要だとお伝えしてあります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 相続コーディネート実務士から 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相続の実務経験があれば的確なアドバイスができます。
最初に相談に行くところで不安が倍増することにならないよう、
実務経験が豊富なところを選択されることをお勧めします。

【ポイント】 相続税の申告は相続に慣れた専門家を選ぶ


【ポイント】 土地は一箇所ごとに評価を出し、広い土地は広大地を検証する  


 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ