一般社団法人不動産テック協会とGeolonia(ジオロニア)は、日本全国の住所マスターデータをオープンデータとして8月5日に公開した。不動産テック協会は誰でも無料で利用できるデータを公開し、不動産ID整備に向けて活用していくという。

 

画像=プレスリリースより

 

公開した住所マスターデータは「Geolonia住所データ」という名称で、ユーザーが持つ顧客データベースなどに含まれ住所データの正規化に活用できるほか、住所から緯度・経度への変換、各種GISソフトなどで利用できる。いかなる利用でも無料。

 

両者は取り組みの背景として、日本の不動産における問題をあげる。

 

不動産には、共通して利用できる通し番号がない。「住所」や「物件名」を組み合わせて、どの建物か、どの土地かを特定する。普段は意識しないが、「三丁目」と「3丁目」などの表記ゆれがあり、情報を利用するためには膨大な修正が必要になる。

 

また、こうした不動産情報は統一したものがなく、各企業などが個別に保有しているのが現状だった。

 

こうした問題を乗り越えるため、不動産テック協会と地図開発を得意とするGeoloniaと共同で不動産の基盤データを構築し、業界をあげて情報連携を推し進め、データ活用の幅を広げるのが狙いだ。

 

具体的には、不動産テック協会のデータ流通部会にて、協会に加盟する業同士が共通の「不動産ID」によって、情報連携ができる取り組みに着手する。目処として、2021年内に、不動産テック協会の企業同士が、共通の「不動産ID」によって情報連携できることを目指すという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ