すむたす 4億円の資金調達実施 最短1時間の買取サービス拡充ねらう

 

左:すむたす角氏、右:WiL難波氏 画像=プレスリリース

 

すむたす(東京都目黒区)が約4億円の資金調達を実施した。出資したのはWiL, LLC(米国カリフォルニア州)。すむたすはこれまでに約1.5億円の資金調達を実施しており、累計調達額は約6.5億円になった。また、複数の金融機関からの借入可能金額を含めた資金調達額は10億円を超える見込みになるという。

 

すむたすは査定アルゴリズムを活用し最短1時間で不動産の買取価格を提示し、直接買取し、最短2日で売買契約と現金入金まで行うオンラインの不動産直接買取サービスを運営している。

オンライン買取サービス「すむたす買取」という名称で、2018年10月のサービス開始から、現在までにAIによる累計査定金額700億円、累計査定件数2,500件を突破している。

2019年3月からは「すむたす買取」を不動産仲介会社向け無料SaaSサービス「すむたす買取エージェント」として公開しており、参画企業社数の合計が100社を超えているという。

また、2019年8月より売り手は掲載料無料、買い手は手数料無料のリノベマンションサイト「すむたす直販」も開始、常時100件ほどの物件を掲載している。

不動産を購入するために一定の資金が必要なサービスであり、資金調達は事業拡大に欠かせなかった。

同社では「今回調達した資金は、さらなる物件購入に加え、すむたす買取エージェントの参画企業拡大のために活用する予定です。また、昨今の相続や家の終活ニーズに対応するため、新たに開発予定のサービスとして、税理士や弁護士等が利用できる士業向けの「すむたす買取プロ」について、今春の正式リリースを予定しています。「すむたす買取プロ」のサービス開発ならびに参画士業拡大のためにも活用予定です」(すむたす・プレスリリースより)

今後、2020年の年間売買件数100件、すむたす買取エージェントとすむたす買取プロの参画企業数 計500社を目指すという。

 

 

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ