分厚く、賢い日本の不動産市場にあっさり跳ね返された「黒船」について

画像=写真AC

 

一時は日本の不動産を変えるとまで騒がれた、OYO(オヨ)が日本市場から撤退して1年以上が過ぎた。

「OYO」で検索してみると、「オーワイオー」という会社が表示されるばかり。不動産とは全く関係ない会社のようだ。OYO(オヨ)の日本法人は昨年、賃貸住宅事業「OYO LIFE(オヨライフ)」を終了し、今年3月にホテル宿泊事業は「Tabist」に名称を変更した。そのため「OYO」は完全に日本から消滅したようだ。

不動産テックの象徴的な存在で「日本市場を破壊するインドの黒船」と称されたが、2019年3月の事業開始から、2021年3月の賃貸住宅事業の事実上の終了までわずか2年弱の短い旬だった。

OYOが日本の不動産業界に持ちこんだとされる革新性とは敷金・礼金・仲介手数料は無料の賃貸住宅ビジネスだ。さらに、契約手続きはスマホだけで完結するという触れ込みで、それなりに新しい風を感じさせた。

入居者は仲介店舗を訪れることもなく、面倒な契約書類への捺印は必要なく。家具付きの快適な部屋で、極々、簡単な手続きで新生活が始められるというわけである。また、退去も簡単なもので、必要なのは物件の清掃費用だけ。日本の賃貸住宅につきものの商習慣を無視して、合理的で無駄のないビジネスモデルと喧伝された。

それは、従来の賃貸住宅ビジネスを変えるだけでなく、都市における住まい方そのものを変えるという触れ込みだった。

実際に、日本市場で本格的にビジネスを始めると、その勢いはすさまじく、事業開始から1年弱で7000室以上(首都圏)を借り上げた。一挙に他の都市に広げていき、2019年10月には大阪、京都、兵庫、名古屋でも事業を開始。社員数十人のコワーキングオフィスから、1年ほどで500名がジョインし、目標として掲げた「100万室」に向けて成長を加速させていく予定だった。

ところが、2019年末にはもう成長にブレーキがかかる。経営方向性の違いからか、2019年11月にはヤフーが経営からあっさり撤退し、利用者による物件の解約も増加。新規の物件獲得はストップし、余剰人員に対する希望退職開始される。さらには、内部体制も未熟なもので、利用者から裁判を起こされた。その利用者いわく「入居日から4日間も鍵の開け方を教えてもらえなかった」。暗礁に乗り上げた黒船はあっさりと崩壊の兆しを見せ始める。。

こうなると退潮は早いもの、入居者と最長90日間の建物一時使用目的による契約を結んでいたものが、期間を最長2年間に変更してしまう。自由に住み替えられるというコンセプトを捨てて、安定的な利益を優先するかのように見えた。もはや、一時使用目的の契約は有名無実化しており、通常の定借契約と変わらなくなる。

好意的だった業界紙も、契約形態に疑念の声を上げ始めたため、市場や当局からも厳しい目が向けられるようになったとされる。

OYOの提携仲介店(スマホだけで完結するはずなのに!)となった不動産会社の代表は「(OYOからもらえる)手数料は安いから、実際にはOYOは薦めません。『OYOありますか?』で来店したお客さんを他の賃貸物件に振るための撒き餌です」と笑っていた。

賃貸住宅業界は古いマーケットで、入居者保護が徹底されている。同時に、飽和した市場でもある。厳しい市場だ。

 

(文・小野悠史)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ