交通網が発達した東京は、駅ごとの特徴が残っています。
住みやすい街目線で歩いてみましょう。
あなたの知らない魅力がきっとあるはずです。(スマイスターMagaZine編集部)


(撮影=スマイスターMagaZine編集部)

鶯谷駅の住みたい街ランキング

鶯谷駅から徒歩5分圏内には多くのマンションやアパートが立ち並んでおり、以前の繁華街だった印象がかわりつつあります。JRの山手線や京浜東北線が通っているため、都内への通勤・通学を行うにはかなり便利なエリアです。ちなみにSUUMO調べの「住みたいランキング」では圏外です。


(撮影=スマイスターMagaZine編集部)

鶯谷駅周辺の家賃相場、マンション平均坪単価

家賃相場は1DKで8.65万円です。坪単価の分譲料は、住まいサーフィンによると、195,000円です。山手線内では安い方です南口側は夜が賑やかになりますが、北口は住宅街が多いようです。北口周辺には、マクドナルド、居酒屋等、飲食店が多いです。

鶯谷駅周辺のスーパー・病院

南口より、北口の方が飲食店が多く、生活しやすい雰囲気があります。スーパーは、北口を出て少し歩いたところに、業務用スーパー上野公園店(鶯谷からの直線距離:164m)、マルエツプチ東日暮里店(鶯谷駅からの直線距離:486m)、いなげや荒川東日暮里店(鶯谷駅からの直線距離:581m)があります。仕事帰りに当日の夕食を買いに行ったり、土日に一週間分の買いだめに行くのに便利な場所です。


(撮影=スマイスターMagaZine編集部)

鶯谷は、夜が賑やかなイメージが強いのですが、実際には南口側で北口側は雰囲気が違います。また、コンビニ、マクドナルド、居酒屋が駅から近いという点が特徴といえるかもしれません。

地域的に下町で、そのためアットホームな雰囲気が広がります。山手線、京浜東北線が乗り入れていて、アクセスがいいのも便利です。知名度はあまり知られていないのですが、山手線沿線の駅なので、住むのに穴場といえる場所です。シングル層だけではなく、ファミリー層にもオススメです。


鶯谷駅周辺の人気のお店情報


人気のお店は、南口から徒歩1分の場所にある、ヴァル・バル・キッチンです。営業時間:火曜日~日曜日です。ランチ営業:11:30~14:00。夜の営業:17:00~24:00。金曜日は深夜延長営業です。ランチ営業、夜10時以降入店可です。夜12時以降入店可です。日曜営業です。良心的なお店です。

鶯谷駅の南口を出て、入谷方面へ向かう陸橋を下ると左側にドラッグリフレがあります。ドラッグリフレのビルの2Fと3Fです。鶯谷初といわれるの欧風居酒屋、肉バルです。飲んでよし、食べてよしです。地域に根ざした料金体系で、毎日ご利用いただけるようなお店を目指しているそうです。住所:台東区根岸1-3-21 リフレビル2F、3Fです。ランチ営業の時間帯に、スタッフがお店の外まで出て、お客さんの案内をしていました。親しみやすくフレンドリーなお店です。


(撮影=スマイスターMagaZine編集部)

(情報は公開時のものです)

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ