空いている土地だけを所有していて、活用方法も定まらないままに税金だけは搾り取られていく…。そんな切なる悩みを抱えている方にとって、朗報があります。それは「定期借地」という活用方法があるということです。

定期借地のメリットとは


定期借地とは、簡単にいえば誰かに1030年間という比較的長期間土地を貸すことにより、その人(業者)から地代として収入を得ることです。土地を貸すだけですから、所有者が自己投資をして何かをする必要はありません。もちろん、所有している土地が田畑であり目的が農地となっている所であれば、それなりの手を入れて宅地転用する必要があります。ですから、そのための費用はかかりますが、既にそれが済んでいるのだとしたら自己投資は必要ありません。また、もともと宅地など建て物がすぐに建てられる土地として受け継いだりした場合も、初期投資は全くかかりません。しかも、1030年の長期間貸すことになりますから、業者さえ入ってくれればその間の収入は保障されたようなものです。定期借地を利用して店舗運営している代表的な存在といえば、セブンイレブンですよね。日本全国に展開していますし、今でも、セブンイレブンジャパンの公式ホームページには、土地活用を考えている方に向けての案内が掲載されています、

定期借地のデメリットとは


メリットの項目で述べたように、1030年という長い期間、いえ、最低でも10年以上は貸さなければならないために、もしも自分で近いうちに何か他の活用方法を試そうと思っている場合には、向いていません。また、所有している土地の特性を考えた時に、店舗などを建ててもあまり客足が見込めないような場合には、借りることに手を上げてくれる業者が見つからないかもしれません。しかし、自分でそう考えて諦めてしまうのではなく、まずは専門家に相談してみましょう。例えば、大手のハウスメーカーの中には、事業者を誘致してくれたり、もしかしたらその会社で賃貸物件などを建ててくれるかもしれません。サービス業などでは客足が見込めなくても、賃貸物件を建てるのであれば静かで、駅から近くて良い環境だという場合には、そういった専門家が力になってくれることでしょう。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ