タカラレーベンがMIRATHホールディングスへ 事業戦略発表会を開催

 

不動産総合デベロッパーであるタカラレーベンがホールディングス化し、MIRARTHホールディングス(東京・千代田、島田和一社長)が10月1日より始動した。これに伴い、9月30日に事業戦略発表会が実施された。

 

画像=プレスリリースより

 

発表会では、タカラレーベン及びMIRARTHホールディングスの島田社長が登壇し、創業50年を迎えたこれまでの歴史や不動産市場の環境、持株会社体制への移行や商号変更に至った背景、これからの事業戦略について発表した。

同社は持株会社体制へ移行し、タカラレーベンはMIRARTHホールディングスへ商号を変更する。「MIRARTH」は、Mirai(未来)とEarth(地球)を組み合わせた社名で、地域社会と共創し、未来の街づくりに取り組み、グローバル展開を進めることで「サステナブルな環境をデザインする力で、人と地球の未来を幸せにする。」企業へ進化したいという想いを込めている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ