三井不動産レジデンシャル 多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」トライアル開始

 

三井不動産レジデンシャル(東京・中央、嘉村徹社長)は、多拠点居住サービス 「n’estate(ネステート)」 を2022年9月29日より順次トライアルとして開始した。

 

画像=プレスリリースより

「n’estate(ネステート)」は「住の自由化」をコンセプトに、都心や地方都市を中心に展開する同社賃貸マンションシリーズ 「PARK AXIS(パークアクシス)」 や三井不動産グループ企業、パートナー企業の施設を活用し、個人が自由に拠点を選択しながら生活するライフスタイルを提供する。

 

エリア、拠点、利用期間(1泊単位や1ヶ月単位)を選択し、現在の住まいとは別の生活空間での暮らし(多拠点居住)が実現できるのが特徴だ。一例として、都市型拠点として、賃貸マンション 「PARK AXIS」 を家具家電やアメニティ付で提供したり、郊外型拠点では、農園体験など、郊外ならではの暮らしを提供する。今後も順次、トライアル拠点を追加する予定だという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ