システムソフト アプラスと提携し、入居一時金のWEBクレジットサービス提供開始

 

システムソフト(東京・千代田、吉尾春樹社長)は新生銀行グループのアプラス(東京・中央、嶋田貴之社長)と提携し、「BunChinPAY(入居一時金のWEBクレジット)」サービスをシステムソフト子会社のSS Technologies(東京・千代田、結城耕造社長)が展開する不動産企業向け「SKIPS」サービスを通じて提供する。

 

画像=不動産会社向けSaaS「SKIPS」(SS Technologiesウェブサイトより)

 

今回提供を開始する「BunChinPAY(入居一時金のWEBクレジット)」は、敷金・礼金などの一時金を最大36回の分割払いにすることができるとともに、WEB経由でクレジットを申し込みできる。これにより、賃貸契約時の賃借人の負担を軽減し、スムーズな賃貸借契約の締結につなげていく。

「BunChinPAY(入居一時金のWEBクレジット)」は、SS Technologiesが展開する不動産企業向けSaaS「SKIPS」においての提供も予定している。「SKIPS」は空室情報の確認から契約書の発行まで、一連の不動産業務をスマート化するクラウドサービス。営業時間外でも自動で入居申込を受け付けることができ、空室確認から内見予約、鍵の手配、入居申込、保証会社への審査依頼、契約までを行うことができる。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ