イタンジの電子契約システムとの連携で、全保連の賃貸借保証契約を電子化

 

イタンジ(東京・港、野口真平社長)と全保連(東京・新宿、迫幸治社長)は、 不動産関連電子契約システム「電子契約くん」と、全保連の家賃債務保証サービスの連携を2022年9月20日より開始した。

 

画像=プレスリリースより

 

連携により、管理会社は、賃貸住宅の入居契約時に専用サイトからダウンロードした賃貸借保証契約書を「電子契約くん」にアップロードし、署名者を設定すると、契約者・オーナー・保証会社に共有し電子署名を得られる。そのため、最短で当日中の契約が可能になり、賃貸借保証契約手続きの大幅な効率化が実現できる。

 

すでに、全保連はイタンジの不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」と連携しており、今回の連携とあわせて活用することで、家賃債務保証サービスの審査から契約までをスピーディーに完結させられるようになった。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ