三井不動産 東京ミッドタウン八重洲が2023年3月10日グランドオープン、商業フロアの店舗が決定

 

三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)が開発している「東京ミッドタウン八重洲」の商業施設57店舗のうち、地下1階の13店舗(2022年9月17日先行オープン)に加えて、1~3階に入居する店舗について詳細が決定した。1~3階の店舗は、2023年3月10日グランドオープンする予定だ。

 

画像=プレスリリースより

 

東京ミッドタウン八重洲の商業施設は「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド ~日本の夢が集う街。世界の夢に育つ街~」のコンセプトで、地下1階から地上3階までの計4フロアから構成される。

 

同テーマを体現する「HOSOO」「CFCL」といったジャパンブランドの店舗や、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体のグッズ等の物販店舗「TOKYO UNITE」、有名パティシエが手掛ける新店舗「EN VEDETTE LUXE」、東京初出店の寿司店「千葉たかおか」といった飲食店舗まで、多種多様な57の店舗がラインナップしている。

 

2階の公共スペース「ヤエスパブリック」は、立ち飲みスポット「ALLSTANDS」、物販・休憩エリア「イチジテイシ」、八重洲の裏路地のような「八重洲のロジウラ」の3つのゾーンで構成されるパブリックスペースだ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ