JR東日本 Suicaを使ったスマートホテルを常磐線いわき駅に開業

 

東日本旅客鉄道(東京・渋谷、深澤祐二社長、以下、JR東日本)は、東日本大震災で大きな被害を受け、2020年3月に全線開通を果した常磐線復興の第2ステージとして、同線いわき駅に国内初となるSuicaを活用したスマートホテル「ホテルB4T」を開業する。

 

画像=プレスリリースより

 

SuicaやモバイルSuicaが客室キーになる「Suicaスマートロック」を採用し、予約からチェックイン、チェックアウトまでの手続きが、Suicaとスマートフォンで完結する。滞在中の困り事は、スマートフォンよりオンラインチャット、ビデオ通話にてスタッフがサポートする。

 

今後の出店戦略としては、JR東日本グループ直営方式のみならず、地方の地元企業をはじめとしたグループ外企業とのフランチャイズ方式での出店も目指す。また、効率的な運営形態により、少ない客室数(30室程度以上)でも出店が検討できるため、首都圏の中間駅や地方都市、狭小な立地などにも出店エリアを広げていくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ