グローバルエージェンツ 東急と協業し、ソーシャルアパートメント「NEIGHBORS五反田」を開業

 

グローバルエージェンツ(東京・渋谷、山﨑剛社長)は、同社が運営する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」の新規物件として、東急(東京・渋谷、髙橋和夫社長)と協業し「NEIGHBORS(ネイバーズ)五反田」を2022年8月20日に開業する。

 

画像=プレスリリースより

 

ソーシャルアパートメントにおける入居者コミュニティの形成や地域交流につながる仕組みが、五反田エリアのまちづくりに寄与することを理由に、物件の資産活用コンサルティングを手掛ける東急と当社の協業に至った。

 

「NEIGHBORS五反田」では、1~3階の一人暮らし用の居住スペース30戸に加え、最上階の4階にはワンフロア全体が共用部として利用可能。各席にコンセントを配置したワークスペースや100インチの大画面で映画鑑賞などが可能なソファラウンジ、テラスでゆったりと食事や交流を楽しめる屋外テラスラウンジなど、共用部を充実させている。 開業前の現時点で、全30戸中、29戸にて入居申し込みが入った。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ