阪急阪神不動産 排気ガスを出さない電気自動車「IONIQ 5」のカーシェアステーションを阪急大阪梅田駅駐車場に設置

 

阪急阪神不動産(大阪・北、諸冨隆一社長)は、運営管理する阪急大阪梅田駅駐車場において、2022年8月26日よりDeNA SOMPO Mobilityが運営するレンタカー型カーシェアリングサービス「Anyca Official(エニカ オフィシャル) シェアカー」のカーシェアステーションを設置する。

 

画像=プレスリリースより

 

このカーシェアステーションでは、排気ガスを一切ださないZEV「IONIQ 5(アイオニック ファイブ)」を利用できる。ZEV「IONIQ 5」のカーシェア(レンタカー形態)が展開されるのは、関西初だという。「阪急大阪梅田駅駐車場」の2区画を「IONIQ 5」専用のカーシェアステーションとして提供する。

 

損害保険ジャパンとDeNA SOMPO Mobilityが協業し、DeNA SOMPO Mobilityが運営する「Anyca Official シェアカー」のプラットフォームの活用や、損保ジャパンによる搭乗中の不測の事態に備えた補償・ロードサービスの提供など各社の知見を活用しながら、ZEVのグリーンカーシェアリングを普及させていく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ