Casa 「家主ダイレクトWEB」の電子契約機能をリリース

 

Casa(東京・新宿、宮地正剛社長)とグループ会社のCOMPASS(東京・新宿、安藤祐輔社長)は、大家の賃貸経営を支援するWEBツール「家主ダイレクトWEB」の電子契約機能をリリースした。

 

画像=プレスリリースより

 

 「家主ダイレクトWEB」は、保証委託契約申込の印字機能などにより、業務の手間を削減してきた一方、出力した保証委託契約書を郵送し、別途で賃貸借契約の締結をする必要があった。

 

 そこで、今回の大家が締結する賃貸借契約及び保証契約を電子契約できる機能をリリース。物件等のデータが自動連携されるため、入力の手間が軽減される。入居者は、押印ボタンを押すと、オンライン上で契約手続きが完結できる。いつでも契約進捗の確認ができ、双方の契約手続きが完了すると契約書のPDFファイルが届くので、書面の紛失リスクが大幅に低減されるのがメリットだ。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ