セーフィー 店舗向けエッジAIカメラ「Safie One」を発表

 

クラウド録画サービスのセーフィー(東京・品川、佐渡島 隆平社長)は、小売・飲食などの店舗を運営する業態に向けて、映像データを活用し業務効率化や省人化などの課題解決をするエッジAIカメラ「Safie One(セーフィー ワン)」を新製品として発表した。発売は、2022年9月28日を予定している。

 

画像=プレスリリースより

 

「Safie One」はエッジAIを利用した「AI-App(アイアップ)」をインストールして、利用する。顧客の用途に応じてカメラのアプリケーションが切り替えられ、カメラがどんどん賢く進化していくのが特徴だ。

 

まずは、カメラのアプリケーション「AI-App(アイアップ)」の第一弾として、小売・飲食などの店舗運営を対象にした「Store People Detection Pack(ストア ピープル ディテクション パック)」を同時に提供開始する。内包される各機能(立ち入り検知、通過人数カウント、立ち入りカウント)により来店人数や混雑具合を可視化し、より効率的に人が働ける環境を提供する。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ