MFS モゲチェックで人気の住宅ローンを調査、新規1位はみずほ銀行、借り換え1位はauじぶん銀行

 

住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営するMFS(東京・千代田、中山田明社長)は、モゲチェックを利用して金融機関の住宅ローン事前審査を申し込んだユーザー約3000名を対象にどの銀行への申込みが多かったのかを調査した。

 

結果、新規借入では、みずほ銀行に申し込んだユーザーが24%と最多だった。メガバンクの安心感に加えて、0.375%という低金利がユーザーをひきつけたと考えられる。2位以下はどの銀行も僅差であるものの、ネット銀行系が健闘した。

 

画像=プレスリリースより

 

一方、借り換えでは、1位がauじぶん銀行の32%だった。auじぶん銀行は、金利引き下げキャンペーンを実施しており、最優遇金利は0.289%と低い。2位の新生銀行と3位のPayPay銀行も最近、金利引き下げキャンペーンを開始しており、その効果が出ているものと考えられる。

 

画像=プレスリリースより

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ