CHINTAI 不動産の違反広告撲滅を目指し、規約改正を反映した広告ルール検定を実施

 

CHINTAI(東京・港、佐藤茂社長)は、CHINTAIに広告出稿をしている不動産会社を対象に「CHINTAI広告ルール検定」を実施する。

 

画像=プレスリリースより

 

CHINTAIは、不動産会社と不動産広告掲載の違反を撲滅し、ユーザーに正しい物件情報を届ける取り組みの一環として、各店舗が物件掲載の広告ルール(CHINTAI表示規定)の理解を検定という形で深める取り組みを2021年7月より開始している。2022年度も継続が決定し、8月1日(月)より第2回の実施がスタートした。第2回検定では、2022年9月1日の規約改正を見越した問題を追加した全30問で、最新の広告ルール(CHINTAI表示規定)の理解を深める。

 

「CHINTAI広告ルール検定」の特徴としては、①合格するまで何度でも受験が可能であること、②合格店舗には証明としてCHINTAIネット上にアイコンを表示、③合格店舗も再受験が可能で、1年に1度の受検で知識をアップグレードできる点などがある。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ