クラスコ 賃貸管理会社向け入居者アプリ「入居者サプリ」をリリース

 

クラスココンサルファーム(石川・金沢、小村典弘社長)は、賃貸管理会社が入居者アプリを手軽に導入できるよう開発した「入居者サプリ」を2022年10月1日にリリースする。

 

画像=プレスリリースより

 

「入居者サプリ」は、入居者の困りごとを入居者自身で解決できるアプリ。入居者は、部屋にある2次元コードを読み込み、「入居者サプリ」が提供する利用企業専用ページにアクセスできる。入居者自身で動画やマニュアルを確認することで、問題を解決できるようになり、入居者対応の絶対数を大幅に削減することが可能になるのが特徴だ。

 

よく問い合わせのある項目については、動画付きのマニュアルが登録されており、新たに管理画面から自社独自の説明動画やマニュアルを設定することもできる。その他、専用サイトから直接管理会社に問い合わせを設定することで、メール、LINEチャット、電話など様々な方法で設定が可能だ。

 

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ