空き家活用 行政の課題解決に向けたピッチイベント「Smart City Osaka Pitch 2022」にて優秀賞を受賞

 

空き家活用(東京・港、和田貴充社長)は、2022年6月28日にQUINTBRIDGE(大阪市都島区東野田町)で開催されたピッチイベント「Smart City Osaka Pitch 2022」にて優秀賞を受賞した。

 

画像=プレスリリースより

 

「Smart City Osaka Pitch 2022」とは、“大阪モデル”のスマートシティ実現に向けた取り組みを推進することを目的に、大阪府、府内43市町村、企業、大学、シビックテック等と連携し設立された組織「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」主催のピッチイベント。

 

イベント当日は、行政の課題解決に向けたソリューションを持つスタートアップ・ベンチャー企業11社が集結し、府内市町村職員(20市町村)に向けて実証内容を提案した。空き家活用が優秀賞4社のうちの1社に選ばれた。

 

同社からは、今年の6月より販売を開始したパッケージで、空き家対策の入口(空き家調査・掘り起こし)から出口(相談・利活用マッチング)まで一気通貫するサービス「アキカツ自治体サポート」を提案。自治体が「アキカツ自治体サポート」を利用することで、専用アプリを通じて未流通の空き家を簡単にデータ化し、その所有者の課題解決から空き家活用希望者とのマッチング支援までをフルサポートする。

 

優秀賞として、100万円の補助金が支給される予定で、同社は補助金を活用し、大阪府内の自治体に向けて「アキカツ自治体サポート」などの実証実験を進めていく。実証実験の結果を随時レポートし、大阪府内の事例が良いモデルケースになるのを目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ