契約審査プラットフォーム「LegalForce」の不動産売買契約の自動レビュー機能が宅建業法に対応開始

 

LegalForce(東京・江東、角田望社長)は、「LegalForce」で不動産売買契約を自動レビューする際に、宅地建物取引業法の規制内容を踏まえたレビューをできるようにした。これにより、宅地建物取引業を行う企業の契約審査業務において、法令違反リスクが低減できることに加え、審査業務の効率化が可能になる。

 

画像=プレスリリースより

 

宅建業法で求められている記載事項が抜け落ちている場合や、法令の規制に違反する可能性がある場合に、瞬時に抜け漏れや見落としの発見をサポートする機能を搭載している。今回のアップデートで追加された自動レビューの例としては、所在や地番など不動産の特定に必要な表示、代金や手付金の額、支払時期、支払方法、宅地や建物の引き渡し時期、構造耐力上主要な部分について双方確認した事項、契約不適合責任についての特約の制限などが挙げられる。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ