阪急東宝グループのオーエス、神戸の映画館で小学生向けにSTEM教育のイベント開催

 

阪急東宝グループで映画やアミューズメント事業を展開するオーエス(大阪・北、髙橋秀一社長)は、クリーク・アンド・リバー社(東京・港、井川幸広社長)と業務提携し、オーエス運営の「OSシネマズ」を街のにぎわいや文化の情報発信基地へアップデートするプロジェクトを展開する。

 

画像=プレスリリースより

 

第1弾として、各分野の専門家が子ども向けに体験コンテンツを提供する「CINE LAB(シネラボ)」を、OSシネマズ神戸ハーバーランドで開催する。小学生の夏休みの自由研究に、クリエイティブな発想で問題解決を創造できるSTEAM教育を映画館で体験しながら、宿題も完成させられるという取り組みだ。

 

第1回は「3Dプリント × SDGs! 自分で考え、描いて、形にする!」をテーマに7月30日(土)・31日(日)に、第2回は 「みんなで作る!音楽絵本の世界! 誰でもできる楽器を鳴らすと、絵本が音楽に変身!?」をテーマに、8月6日(土)・7日(日)に、 第3回 「解剖を体験!プレメディカル教室! 骨をさわって、中をのぞいて、身体のしくみを学ぶ!」をテーマに8月20日(土)・21日(日)に実施する。参加対象は、小学1年生~6年生まで各回先着10名まで。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ