三井不動産 東京ミッドタウン八重洲に投資するグリーンボンド800億円を発行

 

三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)は、「東京ミッドタウン八重洲」への投資を資金使途とするグリーンボンド(環境債)について、国内不動産会社として過去最高の発行額である800億円の発行を決定した。

 

画像=プレスリリースより

 

グリーンボンド発行に関しては、2019年9月の「日本橋室町三井タワー」、2022年1月の「50ハドソンヤード」を対象としたものに続く、3回目となる。

 

三井不動産は、2021年11月に策定した「脱炭素社会の実現に向けたグループ行動計画」を資金調達の面からも推進するべく、グリーンファイナンスフレームワークとサステナビリティ・リンク・ローンフレームワークを策定している。今後もサステナブルファイナンスに積極的に取り組むことにより、資金調達の多様化と持続可能な社会の実現を目指していく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ