ビットキー提供の「homehub」 スマートロックのワンタイムパスコード発行機能をリリース

 

ビットキー(東京・中央、江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則社長)は、提供するコネクトプラットフォーム「homehub」の法人向け管理システムにおいて、スマートロックのワンタイムパスコード(TOTP)発行機能の提供を開始した。

 

画像=プレスリリースより

 

同時に、同機能といえらぶGROUP(東京・新宿、岩名泰介社長)が提供する不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」と業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」がAPI連携した。

 

スマートロックのワンタイムパスコード(TOTP)発行機能は、スマートロックの解錠に使えるワンタイムパスコードを、不動産管理会社向け物件管理システム「homehub」上の1操作で発行・表示できる。画面上に表示されたTOTPを仲介会社に伝えることにより、管理会社は鍵の受け渡し業務の時間が削減される。

 

「homehub」上に表示される番号は、デジタルキーの有効時間によって2種類あり、管理会社の担当者が番号を共有する際に選択できる。長時間有効な番号は、原状回復工事など一定時間を要する作業などに利用可能だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ