「無人内見システム」のショウタイム24が遠隔接客サービス「RURA」と協業

 

不動産案内システム「無人内見システム」を運営するショウタイム24(東京・港、市川達也社長)は、遠隔接客サービス「RURA」を開発・提供するタイムリープ(東京・千代田、望月亮輔社長)との協業を開始した。今後、両社のサービスを組み合わせることで、店舗や物件の無人化と接客の両立を実現していく。

 

画像=プレスリリースより

 

これまで両社がそれぞれ事業を展開する中で、タイムリープには「店舗の無人化をしたい」というニーズが、ショウタイム24には「無人化した物件で、必要な時だけ接客をするシステムはないか」という相談が増えていったという。こうしたニーズに対応するために、協業するに至った。

 

今後は、「無人内見システム」を既に導入している不動産業界に限らず、ショールームを持つメーカーなどにも拡販を目指していく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ