加和太建設 狭小地を活用した次世代型スモールオフィスブランド「WOWK(ワウク)」をスタート

 

加和太建設(静岡・三島、河田亮一社長)は、集中力を高め仕事の生産性向上を考え抜いた次世代型スモールオフィスブランド「WOWK(ワウク)」を立ち上げた。第1弾となる「WOWK 芝公園」 では、2022年6月15日より全7フロアのオフィス入居者募集を開始した。

 

画像=プレスリリースより

 

「WOWK 芝公園」は、約10坪の1フロアに完全個室型の「WOWKブース」とチームで協働するワークスペースをレイアウトしている。個室があることで従来型オフィスの課題であったオフィスノイズを解消する。個人の集中力が高められる環境と、チームの組織集中力が高まる仕事環境を両立するデザインが特徴だ。

 

WOWKは、オフィス利用者や狭小地オーナーへの新しい選択肢として、両者の潜在ニーズをマッチングする新しい不動産サービスとして、今後も積極的に展開していく予定だ。今回、オフィス入居者募集と合わせて、次世代スモールオフィスの事業開発コンセプトに賛同する協業ビジネスパートナーの募集も開始する。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ