三菱地所とヒルトンが契約締結 名古屋・栄に「コンラッド名古屋」2026年開業予定

 

三菱地所(東京・千代田、吉田淳一社長)とヒルトン(米国バージニア州、クリストファ J. ナセッタ社長)は、「コンラッド名古屋」の開業に向けて契約を締結した。「コンラッド名古屋」は、三菱地所、日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社が共同所有し、ヒルトンの運営で2026年夏頃の開業を目指す。

 

画像=プレスリリースより

ヒルトンのラグジュアリーブランドのひとつである「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」は、現在、世界5大陸に40軒以上のホテルを展開。ヒルトンにとって名古屋への進出は、「ヒルトン名古屋」に続く2軒目で、初のコンラッド進出となる。

 

「コンラッド名古屋」は、三菱地所、日本郵政不動産、明治安田生命保険、中日新聞社、パルコが名古屋の中心街・栄エリアで進める「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の施設内に入る。新たに建設される地上41階建ての複合ビルの10-11階と31-41階に位置する。ビルは地下鉄栄駅に直結し、ホテルのほか、商業施設やシネマコンプレックス、オフィスが入る予定だ。

 

「コンラッド名古屋」は、約50平米のスタンダードルームを中心とした全170室の客室の他、オールデイダイニングやルーフトップバーなどの料飲施設4店舗、ジム、スパ、屋内プール、エグゼクティブラウンジ、また、宴会やビジネスミーティングの需要に対応するため最大約180名を収容できるボールルームや4つの会議室などを備える予定。ホテルのデザインには、製造業やクラフトマンシップで知られる愛知県のアートや精巧な職人技を随所に取り入れる予定だという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ