野村不動産 分譲マンション「プラウド」全物件で販売資料のデジタル化・クラウドプラットフォーム対応

 

野村不動産(東京・新宿、松尾大作社長)は、マンションギャラリー来場時、オンライン接客時において、全国の新築分譲マンションシリーズ「プラウド」全物件(マンション、一戸建)で3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV(ルーブ)」を導入し、プレゼンテーションツール・販売資料のデジタル化及びクラウドプラットフォーム対応を行う。

 

画像=プレスリリースより
 

これにより、パソコンやスマートフォンを介したオンライン接客利用時でも、マンションギャラリーへの来場時とすべて同一の資料を確認でき、スムーズに情報収集できる。

 

また、これまでマンションギャラリー来場時に紙のパンフレットで渡していた資料をデジタル化し、モニターやタブレットでの案内に統一。来場後はそれらの資料を閲覧可能なURLを発行し、スマートフォン、PC等でいつでも資料の確認・検討が可能になる。データはクラウド上に保存しているため、データ容量を気にする必要はなく、当該URLを転送するだけで簡単に共有できるのが特徴だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ