「マンションレビュー」のデータで見る「コロナ禍での東京 中古マンション相場推移」騰落率&推定価格の町名ランキングを発表

 

マンション情報サイト「マンションレビュー」を運営するワンノブアカインド(東京・港、川島直也社長)は、「マンションレビュー」の保有データをもとに、コロナ禍での東京都の中古マンション価格の変動について調査した。

 

画像=プレスリリースより

 

新型コロナウイルス感染症の発見・影響が出る前の2019年と、感染拡大から1年が経過した2021年の坪単価をもとに、価格の上昇率をあらわす「騰落率」を町名単位で集計したランキングについて、推定価格のランキングとあわせて発表した。

 

「東京都コロナ禍での中古マンション価格 騰落率ランキング100 (町名・2019-2021)」の1位は「渋谷区宇田川町」の+58.29%。70㎡換算推定価格は1億3,461万9,400円で、コロナ前の2019年と比較して約5,000万円上昇。2020年竣工の「パークコート渋谷ザ タワー」が相場を大きく牽引した。

 

2位は「花小金井」エリアにある「小平市鈴木町」の+47.90%。上位10位までに「都心5区」の町名が6町名。うち3町名は「渋谷区」の町名となった。また、100位までの町名で「都心5区」の占める割合は33%。次いで「城南」20%、「城東」14%。

 

「東京都中古マンション推定価格ランキング 100(町名・2021)」の1位は「千代田区富士見」の1億5,739万2,400円。70㎡換算の推定価格が1億円を突破したのは30町名で、すべて「都心5区」の町名。100位までの町名で「都心5区」の占める割合は78%となっており、都心部の価格の高さが際立った。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ